ブログ

ブログ詳細

肩こりのセルフケア(1)


それでは今回から本題に入っていきますね。

 

まず最初に胸側の筋肉のコリを和らげていきます。
大胸筋というのですが、あまり認識はないかもしれませんが、
大胸筋のコリは肩こりに大きく影響しています。
もし大胸筋が凝っている状態で肩の上や後ろの僧帽筋をゆるめようとしても、
胸側がロックした状態になってしまい、痛みが出ることが多いです。
ですのでまずは胸側の筋肉、大胸筋をゆるめていきます。

 

まず椅子に腰かけて背もたれは使わないようにして背筋を伸ばしてリラックスして座ります。
右側をゆるめていきます。右の鎖骨の下あたりを左手の指で押さえて硬い部分を見つけてください。
そこに左手を押し付けて右胸に違和感がある状態で右手を左肩にのせ、
肘をゆっくり上下させながらその違和感がもっとも和らぐ姿勢を見つけます。
その姿勢で左手を離して右肘を支えます。右側の大胸筋に力が入らないようにして
一度深呼吸をし、リラックスして90秒キープします。
90秒経ったらもう一度深呼吸をし、右側に力が入らないようにして
左手で右手をそうっと元の位置に戻します。
最初に左手を押し付けて右胸に違和感があったところをもう一度触ってみてください。
「どこだったかなぁ?」となれば、それは筋肉が緩んだ証拠で大成功です。
コリがひどい場合や最適な角度でなかった場合には
まだ奥に硬さが残っていると感じる場合がありますので、
もう一度同様にやってみてください。
左側も左右反転してやってみてください。

 

三日間ほどお試しいただき、なんとなくでも緩んできたような気がしてきたころに
次の投稿を書こうと思います。
「継続は力なり!」です。
少しずつ、難しくないことを毎日つづけていきましょう!
1か月後には今では考えられないような、軽い肩になっていると思います。
それでも残っているような深いコリは、神経性のコリ、精神的なものもかなり影響しているかと思いますので、
その際は是非ご来院いただければと思います。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。m(__)m
読まれた方が少しでも肩こり解消に向けてアクションを起こせるようにしていきたいと思いますので、
次回以降もお読みいただけると嬉しいです。(^◇^)

 

偏頭痛・腰痛・肩コリ・自律神経の乱れ・眼精疲労・首の痛み

福岡市・早良区・百道・藤崎駅

トータルバランス・TB・整体・ナチュラル

  • facebook
  • twitter